化粧品選びの基礎

基礎化粧品とは

基礎化粧品とは、主にメーキャップ用化粧品に対して使われる言葉で、お肌のコンディションを整える役目・効果のある化粧品のことです。

基礎化粧品の主なものとしては、

・洗顔料
・クレンジング剤
・パック
・化粧水
・美容液
・乳液
・クリーム

といったものが挙げられます。
これらの基礎化粧品は、単に肌の状態を整えるだけでなく、肌質改善を目的としたものも少なくありません。
よって、基礎化粧品を選ぶ際は、自分の肌質をよく知っておく必要があります。

基礎化粧品は、そのすべてを使う必要はありません。
特に皮膚の水分量や皮脂の量が多い若い人の場合は、夏場は乳液は全く必要ないことも少なくありません。基礎化粧品を使う場合、自分に必要なものを使うことが基本ではありますが、逆に必要ないものを使うと、肌のコンディションを悪くしてしまうこともありますので、注意が必要です。

基礎化粧品の選び方

基礎化粧品は、主にお肌のコンディションを整える働きをするもの。
基礎化粧品の選び方で、メーキャップ用の化粧品のノリが随分変わりますので、基礎化粧品は、メーキャップ用以上に慎重に選びたいものですね。

基礎化粧品を選ぶ際は、まずは自分の肌質をよく知っておく必要があります。
さらに、どんな人でも季節によって肌のコンディションは大分変わりますから、季節ごとに基礎化粧品を使い分けるということも必要です。

基礎化粧品の基本は洗顔料とクレンジング剤。
メイク落としと洗顔がキチンとできていないと、その後どんな基礎化粧品を肌に付けても、その効果を十分発揮してくれません。とはいえ、逆に皮脂を落としすぎる洗顔料を使って、「後で乳液を付けて、取れすぎた皮脂を補えばいいや」ということも避けたいもの。特に洗顔料は、汚れを落としつつ、うるおいは残すという、ソフトなものを選ぶようにしましょう。