化粧品が無添加って安全?

無添加化粧品の安全性

化粧品と呼ぶ場合、特に顔に使う化粧品のみを指すことが多いようです。
顔は誰にとっても大切なもの。それゆえ化粧品選びの際は、その安全性も重視したいですね。

化粧品の安全性にこだわる人たちの間で特に好評なのが「無添加化粧品」。
無添加化粧品は、文字通り添加物が入っていない化粧品です。

無添加化粧品、たしかに添加物が入っていないという点だけ考えれば、添加物が入っているものよりは安全ですね。しかし安全性の基準は、何も無添加であることだけではありません。無添加化粧品は保存料を使っていないかわりに、使用期限も短いもの。使用期限が切れた化粧品は、たとえ無添加であっても、お肌によくないことは言うまでもないでしょう。

また、必ずしも「無添加=肌に合う」というわけでもありません。
化粧品、何でも無添加を選べばいいというわけではないことをお忘れなく。

無添加化粧品の見分け方

無添加化粧品が注目を集めています。
無添加化粧品は、本当に安全なのでしょうか?

実は、無添加化粧品というものに関する、メーカー共通の明確な定義は存在しません。
つまり国の基準がないんですね。
よって「無添加化粧品」をうたっているものは、すべてメーカーごとの判断基準によって無添加とされたもの。無添加化粧品の中には、単に保存料や香料などの一部の添加物が入っていないだけで「無添加」の表示があるものも少なくありません。

ただし、消費者には嬉しいことに、2001年からは、化粧品の全成分の表示が義務付けられました。
それゆえ、いくら「無添加」をうたっていても、成分を見れば完全に無添加か否かがわかるわけです。

多くの化粧品において、含まれている成分は結構多いもの。
それゆえ何が添加物で何がそうでないのか見分けるのはちょっと大変かもしれません。
また、単純に「化学物質=添加物」というわけでもありません。
しかし消費者としてメーカーのウソを見破るためにも、無添加化粧品を見分ける勉強くらいはしておきたいものです。