自然派化粧品の魅力

自然派化粧品とは

自然派化粧品とは、植物、動物、鉱物などの、自然から抽出される成分からつくられた化粧品のことで、オーガニックコスメ、ナチュラルコスメなどとも呼ばれています。自然派化粧品は、一般的には、植物成分などの天然成分を配合してあるものを指しますが、薬事法などで明確に定義されているものではありません。

自然派化粧品は、肌に低刺激な理想的化粧品といえるかもしれませんが、天然成分を使用しているからといって、すべての人間の肌にいいわけではありません。人の体は千差万別、その人の肌によってアレルギー反応をおこしたり、肌荒れの原因になる場合もあります。

肌にトラブルを起こしやすい主な植物・天然成分の例としては、以下のようなものがあります。
自然派化粧品を購入するときには注意しましょう。

アロエ、レモン、生姜、ギンナン、サクラ草、菊、シクラメン、ベゴニア、マンゴー、レタス、パセリ、セロリ、にんにく、天然香料(ジャスミン、ラベンダー油、レモン油、ペパーミント油など)

一方、自然派化粧品には、合成防腐剤が添加されていないため、使用期限は普通の化粧品より短く、また、雑菌が入ると腐敗しやすいという欠点もあります。しかし、食べ物の場合を考えても、生ものの鮮度は長続きしないもの。これはしかたがないですね。

自然派化粧品の選び方

自然派化粧品とは、天然・自然の原料や成分を使用し、合成の防腐剤・科学的保存料などを使用していない、肌への刺激の少ない化粧品をいいます。

しかし、自然派化粧品が植物・天然成分でつくられているとはいっても、すべての人の肌に合うとは限りません。人によっては肌に悪影響を及ぼすこともあります。

では、数多くある自然派化粧品の中からどのような化粧品を選んだらいいのでしょうか。
信頼できる自然派化粧品の目安となるのが、「バイオダイナミック有機栽培植物」の表示です。

バイオダイナミック有機栽培植物とは、バイオダイナミック有機農法により、化学合成肥料、殺虫剤などを一切使わず、落ち葉などの堆肥を用いて栽培された植物です。

自然派化粧品と呼ばれる化粧品の成分表示にこの表示があれば安心。
あとは、成分が自分の肌に合うかどうかですね。

一方、最近の海外ブランドの自然派化粧品、特にフランス、オーストリア、ドイツ製の化粧品には、医薬品・化粧品団体の認定や有機認証機構の認定など、さまざまな認定マークがついてます。しかし、ここで注意したいのは、日本人の肌に合っているのかということ。日本人の肌は、欧米人に比べてキメが細かく、デリケート。いくら認定されていても、日本人の肌に合うかはまた別の問題です。

自然派化粧品を買うときは、コスメカウンターやその商品に詳しい方にきちんと訪ねてから購入することをオススメします。

脱毛エステ 仙台
自宅で剃るか、それともプロの手でツルスベ肌を手に入れるか。仙台の脱毛エステは粒ぞろい。
www.xn--cnqx7j1uyhqt.biz