デリケートな方のための化粧品

敏感肌化粧品とは

敏感肌とは、少しの刺激で皮膚がもつバリア機能が低下し、すぐにカサついたり荒れたり化粧ののりが悪くなる肌のことで、そのような肌を回復させるため、植物や天然成分を配合した低刺激な化粧品を敏感肌化粧品といいます。

敏感肌化粧品には、セラミドやヒアルロン酸など高い保湿力のあるものや天然アミノ酸などが配合されているものが多く、刺激物を含まず、無香料、無着色のものが多いようです。

最近は敏感肌の人の割合が増えてきており、それに伴い敏感肌専用の化粧品も多く出回るようになってきました。

では、敏感肌化粧品だったら、どれを選んでもいいのでしょうか。答えはNOです。
なぜなら、敏感肌とひとことで言っても、日ごろのストレスからくる肌荒れもあれば、自分に合わない化粧水やファンデーションを塗っていたため乾燥肌になってしまったなど、原因はさまざま。よって、化粧品の選び方もそれぞれ変わってきます。一番いいのは試してみること、バッチテストをすることです。

敏感肌化粧品を試してみて、違和感や不快感を感じなければOK。
逆に痛みやかゆみを感じるようであれば、その後の使用は控えたほうがいいでしょう。

敏感肌化粧品の選び方

敏感肌化粧品とは、植物・天然成分を配合した無着色・無香料の、敏感肌の人のための低刺激性化粧品をいいます。

敏感肌化粧品を買う際は、じっくりとラベルやパンフレットをチェック。
お店の人には、どんな成分が化粧品に含まれているかを質問しましょう。

敏感肌の人の要注意成分の主なものには、次のような成分があります。
トリクロサン、トリクロカルバン、パラベン、フタル酸エステル類、ホルムアルデヒド、レチノール、界面活性剤など。

特に、刺激になりやすいタール色素や界面活性剤、保存剤などの添加物には注意が必要です。
また、AHA系の成分、はがすパック、スクラブ、角質ケア製品なども控えたほうがいいでしょう。

化粧品使用後、肌に炎症がおきたり、かゆみが起こるアレルギー反応が出た場合は、すぐに表示指定成分をチェックしましょう。何が自分に合わないのかをキッチリと知ることで、次回からは失敗のない化粧品、スキンケア用品を選ぶことができますから。

敏感肌化粧品を購入する際は、いきなり高額な化粧品を買って大失敗にならないためにも、まずはインターネットや電話でサンプルを請求することをオススメします。